スタッフブログ

HOME » スタッフブログ

スタッフブログ一覧

こんにちは(^^♪


3月15日~3月18日の3泊でベトナムへ行ってきました♪

目的はベトナム人実習生の面接です。


2年前にも一度行っており、今回は2度目のベトナムへの訪問となりました。

今回は社員も同行し、面接を経験し、外国人実習生の関わり方に変化を持ちたいという

目的もありました。


私自身、海外は3回目でそれほど多くないのですが、非日常に触れるいい経験に

なりました。

文化が違い、習慣が違う国での生活は本当に新鮮でしたし、良い刺激になりました。

何よりも現地の方と接することで、生きることの原点やマインドに気づかされた気がします。


発展途上国のベトナムは、平均年齢が28歳と若く、若者の姿も多く見られ活気がありました。

現地の方の働き方をみていると、日本人とは違い、余裕をもって働き、生活をしているように

感じました。

インフラの整備こそこれからの国だと感じましたが、暮らす人々は幸せそうにもみえました。


将来の不安、様々なストレスなど日本人と捉え方が全く違うようにもみえました。

そんな現地の方々をみていると羨ましくもあり、日本で暮らす生活のヒントをもらえた気もします。


日々の生活ではなかなか得られない日日常に触れるのも人生の経験として財産だと感じさせ

られました。



銀行さんと... 寺下 広平

本日は、某銀行の支店長さんとお話ししてきました。


小一時間ほどですが、込み入ったお話を聞かせてもらえました。


私どもの業界は、忙しくさせていただいておりますが、厳しい業界も多いとお伺いしました。

ハウスメーカーさんも着戸件数は、減少してきており、私どもの業界も時間差で影響がでてくる

と思われます。


やはりどこの業界も人手不足が深刻化しており、全国を見渡せば人手不足が原因で倒産している

企業も多くあります。


6年後に2025年問題が騒がれていますが、企業としても対応が急務です。

団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達することにより、介護・医療費などの

社会保障の急増が懸念されている問題です。


今年に入り、政府が70歳・75歳の定年制度の導入を検討しだしています。

今は検討段階ですが、後に義務化になるだろうと思われます。


将来に不安を抱えながらの若い世代は不安しかありません。

一度今の現状を壊さないといけないとおっしゃる方もおられました。


少しでも若い世代が将来に期待を持てるような国に変わらなければいけないと感じましたし、

企業も働く世代に、より良い将来ビジョンを持たせれるかが課題だと感じた一日でした。

こんにちは(*^。^*)


先週の木曜日から資格講習のため東京へ出張に行ってきました(^^♪

東京に行くとよく思うのが、電車での移動が多いので歩くことが多いです!

富山ですと、車での移動なので歩くことが少ないですが、東京に行くといい運動になります(^^)


今回の資格は、エアコンなどのフロンガスの回収する為の資格です。

家屋の解体工事の際にエアコンも処分を依頼される事が多いのですが、エアコンの取り外しを

する際にフロンガスを回収しないといけないのですが、その作業の際に有資格者でなければ

取り外しができません。


現在までは、業者に依頼していたのですが自社で完結させるために資格講習に

行ってきました。

解体工事と全く関係のない分野ですので、講習の際も必死になって話しを聞いていました(>_<)


講習の最後の50分で試験だったのですが、今までで受けた資格の中でも難しかったです!


合格発表が5月下旬で、まだまだ先なのですが、合格しているか少し不安です...

日本国内のハイプラスチックの処分がまたしても難しくなりそうです。


26日の記者会見で、原田環境相が汚れてリサイクルできないプラスチックごみについて

海外への輸出を基本的にやめなければいけないとの発表をしました。

今後はプラごみの削減やリサイクルを強化するそうです。


2017年に中国への輸出ができなくなり、輸出先を変え2018年に100万トンもの

プラごみを輸出したが、台湾やマレーシアなどのアジア各国も輸入制限の動きを

見せています。


私どもの事業でも多くの廃プラごみが排出されます。

昨年末から解体材やごみの処分費が値上がりしましたが、まだまだ値上がりするような

気がします。

リサイクルの推進は大賛成ですが、発展国特有の無駄な消費が多すぎる気もします。


そう遠くない未来に家庭ごみも有料化になっていったりもして、国民の負担が増えていく

一方です。


リサイクルの意識も大事ですが、まずはごみの抑制が優先ではないでしょうか。

今回の発表も手詰まりになってからの苦肉の策にしか見えません...


銀行さんと... 寺下 広平

こんにちは(*^。^*)


先ほどメインバンクの銀行さんが来客されていました♪

1時間ほどプライベートなことも含め情報交換させていただきました(^.^)


担当の方は、まだ20代でお若いのですが本当にいろんなことに興味を持ち、

行動されているのでいつも良い刺激をいただいています。


海外にも目を向けておられ、特にフィリピンに興味を持っておられます。

フィリピンは、毎年のGDPの成長率も6パーセント以上を記録しており、日本は2012年から

2017年の5年間のGDPの成長率が0.37~2%と比較してもその差は歴然です。


2017年時点の平均年齢も23.5歳と今後の経済を担う若い世代が大勢います。

今後の経済発展の可能性を考えると、将来が期待できる国の1つです。


日本も超高齢化社会を改善できないと、今後の若い世代の負担はさらに増加し、

国の構造そのものが維持できるか不安ですね。