スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 寺下 広平 » 金融機関との情報交換

金融機関との情報交換 寺下 広平

こんにちは(*^_^*)


先程金融機関の方が来客されており、今後の景気の

見通しや、コロナの影響などを1時間ほどお話しさせて

いただきました。


コロナの影響もありますがコロナ以前から下がり続けている

日本のGDPも大きな問題だと思っております。


コロナの影響で製造業・観光業・飲食業が特に影響を受けている

とのことでした。

売り上げが半減以下に落ち込んでいる企業もあるようで早急な対応

が必要なのですが、金融機関も慎重な動きになっており、対応が遅れ

倒産に追い込まれる企業が出ないか心配です。


弊社も設備投資を計画していたのですが、先行きの見えない不安が

ある現状なので、今期は最低限の設備投資に抑えキャッシュを残していく

方針にします。


リーマンショックの頃の景気の落ち込みと訳が違うので、景気回復の

見込みの目途が分かりませんし、オリンピックの開催も確実でない今は

様子見しかできません。


オリンピックが延期や中止になった場合は、更なる景気の落ち込みは確実

ですし、弊社も大きな影響を受けると予想しています。


日銀の金融緩和の追加などの対応もありますが、金融緩和を行っても限界が

あると思います。


政府が思い切った政策を出してくれるといいのですが、消費税を減税などしても

当初の政策であった増税をした分の政策が中途半端になってしまいますし、

減税はありえないと思っています。


消費意識が下がるなかで、自粛ムードが世間から消えるのは長期化するでしょう。


景気が更なる悪化をたどるのであれば人手不足から一転して働き手が溢れるでしょう。


世界的に広がっているコロナ問題は多くの中小企業と人の生活を脅かすことになると

思いますが、そんな今だからこそ自分たちができる事を明確にし乗り越えていかなければ

ならないと感じています。