スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 寺下 広平 » 解体工事での近隣トラブルについて

解体工事での近隣トラブルについて 寺下 広平

こんにちは!


本日は、解体工事に伴う近隣トラブルについてお話します。


解体工事は、クレームの多い工事です。


騒音問題

振動問題

粉塵問題

車両等の走行・駐車問題

これらのトラブルが非常に多く感じます。


古くに建築された家屋で隣接する家屋と数センチしか

離れていないような建物や、昔ながらの長屋家屋などでは、

境界線が分からなくなっていたり、建屋を解体したのちに、

隣接する建屋の外壁がなく壁がむき出しの状態で、補修を

どちらがするかというトラブルもあります。


こうしたトラブルを未然に防ぐのが我々解体業者の仕事です。


事前の近隣挨拶や建屋がくっついているような状況であれば、

隣接の方に事前にご説明します。


振動も最小限に抑えるような工法を選択し、粉塵も最小限に

なるような工法を選択し、徹底した散水を行います。


それでもトラブルになるのが解体工事です。


クレームが出た際の対応は迅速にかつ丁寧に対応しないと、

施主様にご迷惑がかかるケースがあります。


近隣の方と良好な関係を気づかれている施主様の解体工事と、

長年放置されていた空き家の解体工事では、近隣の方の対応も

変わってきます。


解体工事は、近隣の皆様にご迷惑がかかることを前提として

事前と事後の対応が必要不可欠です。


解体業者によって、対応が違います。

業者の選定は、金額のみならず営業の対応や、その

会社をホームページ等で調べてみるのも良いと思います。


金額が安くて選んだのに、対応が悪かった、追加金額を請求されたと

いう話をよく聞きます。


解体業者の選定を失敗しないためにも、是非弊社にご相談ください(^^♪