スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 寺下 広平 » 世界経済情勢

世界経済情勢 寺下 広平

こんにちは♪


世界の動向が怪しく感じる今日この頃です...


米中貿易戦争、イギリスのEU離脱、ドイツ銀行の破綻問題、米国債の逆イールド、

サウジアラビアの石油施設のドローン攻撃など、不穏なニュースが多いです。

ソフトバンクの孫さんが立ち上げたファンドはサウジアラビアの政府系のファンドから

多額の出資を受ける予定だったのが、今回の石油施設の爆撃で破談になり、

ファンドの失敗によりソフトバンクの経営が危うくなるとの見解もあります。

 

ソフトバンクの株価は、日経やダウにもろに影響が出るので、ソフトバンクに

万が一があれば日本の経済が傾きかねないとの懸念もあります。


来月のイギリスのEU離脱からドイツ銀行の破綻にでもなると世界恐慌になり

その影響はリーマンショックの100倍とも言われています。


リーマンショックの100倍って想像もつきませんよね...


8月に起きた米国債の逆イールドも景気後退のサインともいわれており、

過去にも米国の景気後退の直前には逆イールドが起きているので軽視

できませんね。


日本の金融緩和も株価を吊り上げ、その影響で多額の利益を出しているのは、

外国の投資ファンドなんて聞いたこともあります。


私たちの生活にももろに影響が出るニュースが多いので注視していかないと

いけませんね。